乾燥肌の原因と対策その効果について

乾燥肌は皮膚の一番外側にある角質層の保水量が3割を下回っている状態を指し、程度がひどいときには粉をふいたような状態になる事もあります。セラミドなどの保湿因子が正常に作用しないため、肌のバリア機能が崩れ水分が逃げていくことにより起こります。

原因としては加齢による肌の保湿能力の低下や、間違ったスキンケア、食事の偏りや喫煙などの生活習慣が影響していると考えられます。
ニキビができているときやてかりが気になる場合に、洗顔の回数を増やしすぎたり収斂系のスキンケアをすると余計に乾燥肌が悪化するので注意が必要です。

乾燥肌関連の情報をたくさん掲載しています。

タオルでごしごしこするのも厳禁です。

肌にうるおいが留まるようにとろみのある化粧水を使用し、その後油分などで肌に水分を閉じ込めておくと改善されます。

適度なマッサージは血行をよくするため保湿力を高める効果があり、室内にいるのであれば加湿器なども有効です。
ヒアルロン酸やプラセンタなどの美容成分が配合されているコスメは長時間潤いをキープするので、日常のケアや定期的な集中ケアに取り入れるだけでも継続すれば効果が出てきます。


食事では肌をつくるもとになるタンパク質や、きれいに保つビタミンなどが不足すると乾燥肌になりやすくなります。

話題になっているしわの化粧品情報をピックアップしたサイトです。

喫煙は体内のビタミンCをこわし、睡眠不足は成長ホルモンの分泌低下につながるので悪影響があります。

水分は十分摂取し、紫外線は肌の老化を促進するのでUV対策はきちんと行うことも必要です。