ホテルの朝食バイキングでの立ち回り方

ホテルに宿泊した時の楽しみの一つに、朝食バイキングがあります。

ホテルと言うのは、朝食がバイキングスタイルになっていることがよくあり、このメニュー内容が優れている所を選んで宿泊する人もいるでしょう。

なお、朝食バイキングをより良い形で楽しむためにできる工夫の一つが、料理が並べられている近くに座ると言うものです。

こうすると、料理が補充された時に早く気付けて、出来たての物をすぐに取りに行って食べることができます。ただし、料理が並べられている所と言うのは、大勢の人が集まる場所でもあります。

ですから、落ち着いて食べられないことがあるものです。その場合には、離れた席に座るようにしますが、料理が置かれているスペースに対して背を向けないように座ります。

こうすれば、落ち着いて食べられますし、補充された時にすぐに気付くことができます。距離が離れていると、料理の所まで行く時間が長くなりますが、長いと言ってもたかが知れているでしょう。

ただし、レストランによってはとても広くて、結構歩くことになる場合もあります。ですから、あまりにも離れた席に座ると面倒なものです。

なお、これは料理が補充された時だけでなく、普通に料理を取りに行く時にも言えることです。

一度か二度ぐらいしか取らない人なら大したことではありませんが、何度もおかわりをするような人の場合には、遠いとやたらと動くことになって面倒なものです。

ホテルによっては、朝食バイキングがとても豪華ですから、立ち回り方も上手くすると、さらに満足度の高い食事ができるものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *