個人での動物対策に使えるウルフピー

山村では農業などの後継者不足により、農地や果樹園が放棄されている状態が増えてきました。

こうした場所は、野生の動物たちのかっこうの餌場になります。


それで人に害がなければいいのですが、人里に近づくことでさらに畑や民家に侵入してくるなどの被害が出ています。


猟師も同時に高齢化してきて、担い手がいなくなってきています。

ねずみ退治について詳しく知りたいならこのサイトです。

狩られることなく繁殖し続けた動物は、さらにその数を増やしていきます。

ロケットニュース24の最新情報を紹介しています。

また、人が山に入らなくなたことによって動物が人間を恐れることなく襲い掛かってくるようにもなりますし、山間際の人里にまで動物が下りてくるようになっています。

そのような動物とうまく付き合いながら山里で生活するのに活躍してくれるのがウルフピーです。

ウルフピーはオオカミのし尿を利用した動物回避剤で、自然環境を汚染することなく動物を避けることができます。



ウルフピーを設置すれば、猟師の応援を頼み、罠を設置したり猟銃で動物を殺める必要はありません。対策のために多額の資金を投入しなくて済みますし、労力もそこまで必要としません。
使用するのに資格もいりませんので、誰でも簡単に設置できます。公共機関に頼るのも限界があります。

自分の家や家族、田畑などを守るためには自分で対策をたてるのが一番です。

だからといって、余計なお金をつぎ込む必要はありませんし、危険な電線や罠をはるリスクも取ってまでするのでは本末転倒にもなりかねません。

リスクもお金も少なくて済むウルフピーは個人で対策をする場合に適しています。